和室を作る

日本家屋らしさの象徴でもある和室は、障子から射し込む光のやわらかさや、ゴロゴロのんびりできる場所としても人気です。ここでは、和室のメリットやデメリットから、和室を取り入れるかどうか悩んだときの対処法までをご紹介します。

和室を作るメリットとデメリット

溶質の場合、部屋にはあらかじめテーブルやソファが置かれているため、現在使用している用途以外での利用は基本的にできません。しかし和室の場合は畳と押し入れ、床の間があるだけなのでその時その時に応じてさ…

迷ったときには畳ユニットという選択肢も

分譲マンションだとすべてが洋室、フローリングの物件もあるようです。注文住宅は自由な家造りが可能なので、それぞれの部屋をどう造るかは注文主が決められます。全室フローリングにしても和室を取り入れるのも…

自分たちのライフスタイルをよく見極めよう

和室を作る目的を考える

注文住宅の利点として、間取りを作成する段階から自分たちの希望が叶う点が挙げられます。全ての部屋をフローリングにすることも可能ですが、和室を1つ用意して落ち着ける和の空間を用意してみるとリラックスできる場所として活用可能です。居間・客間・寝室という複数の使用目的に対して、和室なら大規模な家具を配置換えせずともすぐに切り替えて使えるメリットがあります。洋室は家具により部屋の使用目的を変えることが出来ますが、和室なら即座に動かせる炬燵やテーブル1つで多目的に使えます。全ての部屋をどのように使うか最初から決めて建てたとしても、長く住み続けるうちに家族構成が変化して部屋の使い方が変わることも多いでしょう。和室ならばすぐに多目的で使えるので、最低1室は用意しておくと良いです。

子供の頃を思い出してみよう

フローリングの床に直接寝そべってゴロゴロした経験がある人は、畳と比較すると遥かに少ないはずです。ソファーを設置すると、常に同じ位置でしかゴロゴロ出来ないため、和室ほどの自由度がありません。子供の頃を思い出してみると、実家で家族と休日にダラダラ過ごした経験がある人も多いでしょう。和室は畳の上に直接寝転がってもクッション性が高くい草の香りで落ち着くので、日本人ならふとしたタイミングで畳の感触を思い出すはずです。注文住宅は建築当初のまま数十年同じライフスタイルが続くとは限りません。時にはごろ寝してリラックス出来る場所が1つはあっても良いでしょう。ふと両親との思い出にふけりながら、リフォームプランを練る未来を思い描いてみると面白いです。

洋室を作る

洋室のみにするメリットとデメリット

住宅注文をする際、和室を作ろうか、それとも洋室だけにしようか、悩みますよね。洋室だけを作るメリットとデメリットを紹介していきましょう。和室を作らないことは、コストダウンにつながります!和室がある住…

ゴロゴロするだけならタイルカーペットという選択肢も

タイルカーペットとは、パネル状にカットされたカーペットです。長方形や正方形で、40~50センチのサイズのものが一般的です。ホームセンターなどで、1枚300円ほどで購入することが出来ます。品質も丈夫…

いつか来る老後の生活もイメージしよう

注文住宅の魅力は理想のイメージをそのままマイホームに反映出来る点です。画一的ではない、自分好みの間取りや構造に出来るのが注文住宅のメリットですが、現時点での居住性だけではなく、将来訪れる老後の生活…

© Copyright Housing Suppliers. All Rights Reserved.